豊胸手術をアメリカで受けたついでにバイオ技術について学んできた

ずっと悩んでいた豊胸手術をアメリカで受けたついでだったのですが、
バイオ技術について学んでききました。
今振り返ると、やはり渡米してよかったと考えています。
もちろん、豊胸手術をするかどうかは熟考しました。
そこで思いついたのが、医療の最先端の国であるアメリカでの手術です。
美容整形に関する理解も深まったいますし、安心して手術を受けられると考えたのです。
そして、バイオ技術に関する研究も進んでいると感じ、ついでに学んでくることにしたのです。
美容整形に加えて、バイオ技術の学びを得られるなんて最高のアメリカ旅行でした。
これからも渡米することがあるかもしれませんが、
自分の人生の中で大きな意味を持つ旅行となりました。

横浜の看板はアメリカのバイオ技術を学ぶ為に渡米をすすめるものだった

横浜の看板は様々なものがありますが、
先日横浜に行った時に目についた看板というのがアメリカでバイオ技術を学ぼうというものでした。
一体どのような人に向けたメッセージなのかわかりませんが、
このような看板まであるのが横浜の凄いところだなと感心してしまったのです。
元々バイオ技術に興味がある人はもちろんのこと、自分のようにほとんど興味のない人間であったとしても
目を引かれるものであり、渡米をしてみようという気にさせてくれますから、
それを考えると非常によくできたものなのかなと感じました。
そのように感心をするかたわらで、一体どこの誰がどのような目的でこのような看板を出したのかな
という思いが頭の中を駆け巡っていました。

ニッケル水素電池とアメリカのバイオ技術の高さについて語りあった

渡米をしたときにバイオ技術の高さに驚いたことを覚えています。
そこでできた友人たちと、
ニッケル水素電池とアメリカのバイオ技術の高さについて語りあったのです。
その日のことは、いまでもはっきりと覚えています。
日本は技術立国として知られていますが、
もっとアメリカとコラボレーションをすればいいのにと感じています。
その理由は、日本の技術者が知らないことも
アメリカでは長く研究されていることがあるからです。
お互いの知恵を結集すれば、これまでになかった技術を開発できると信じています。
バイオ技術はこれからの人間にとって不可欠なものとなりますから、
どんどん研究開発していってほしいです。
明るい未来を切り開いていきましょう。